日進装備株式会社・特注家具へのこだわり

貴重な資源である「木」の持つ素材を活かし、熟練した技を持つ職人が作る特注家具 お客様や設計者が求める理想の家具づくりを追求し、イメージした家具を確実に再現いたします

日信装備は大正14年(1925年)に高級オーダー家具の販売からスタートし、その後自社工場の整備と熟練した職人の育成、最新の加工技術の蓄積を果たし、現在に至るまで『高品質なオーダー家具メーカー』として、確固たる地位を築いてまいりました。

さらに当社は単なる家具の製造・販売にとどまらず、最新工法の研究開発やコストダウンによりお客様への貢献、他社メーカーとの技術交流など、みなさまが求める家具づくりを追求し、積極的な施策を行っています。

内作と材料、そして誂え

日信装備の特徴として、『徹底した内作』つまり自社工場での自社の職人によるオーダー家具の生産に拘るというところがあります。何故なら、お客様のご希望ご要望を正確にかつ迅速に具現化するためには、どうしても自社の工場と熟練した技術を有する職人が必要なのです。いたずらに規模の拡大図るのではなく、目の行き届く範囲できっちりした仕事をすることが何よりも大切だと考えます。

そしてもうひとつの特徴として、製品の品質と美しさを保つために、材料?特に単板(突板)?の仕入れにおいて、昔から厳しくその品質と量を管理している点です。その結果、今では手に入れることが困難な希少な材料なども豊富に在庫しています。その中から、材を選んで特注家具を造っていただくなんて、とても楽しく贅沢なことです。

日信装備で扱う材はそのほとんどが樹齢100年以上のものばかりです。いつまでも使っていただける家具を造り続ける。それこそが本当のエコであり、希少な材を扱う者の使命であり責任であると考えます。

これからも、『誂えて』くださるお客様の為に、喜んでいただける家具を『拵える-こしらえる』ことに一生懸命邁進し続けてまいります!

職人の技

生活にとって必要不可欠な家具。その家具を使うお客様の要望、設置する空間を考えてデザインし、家具を造ります。

特注家具は建物の用途に合わせたものや特殊な用途のものなど千差万別。ひとつひとつデザインが違いますが、家具の機能や素材、構造、空間に合わせて部材や仕様、色彩などすべてにこだわり、設計しています。

品質がよく、耐久性があり、いつまでも使っていただける家具を造り続け、さらなる技術向上のために日々工夫を行う。それが日信装備の職人です。


まずは理想の特注家具についてご要望をお聞かせください

収納家具・食器棚・テレビ台など、まずはお客様のイメージされる特注家具のサイズや色、デザインなどを詳しく教えてください。
フォームから依頼する
弊社担当者より、お見積内容についてご連絡させていただき、理想の家具づくりをお手伝いさせていただきます。
FAXで依頼する
 
(C) Nisshin Soubi All rights reserved.